隣の芝生は青いかもしれないけど 自分の芝生も充分青い

ブログ
スポンサーリンク

自分の芝生も充分青い

今日はことわざのお勉強です

『隣の芝生は青くみえる』

意味は他人が持っているものはなんだか良く見える
自分が似たようなものを持っていても
なんだか他人が持っているものほうが良く見える

この言葉はあまり好きになれない

逆を言うと他人からみた自分のモノは
その人から見たら良くみえるってことでしょ?

世の中の価値

世の中のモノの価値ってのは
他人からみた評価で決まる

それは流動的で状況やその日によって
変わってくる

いくつか具体例をあげてみてみよう

通貨

これは市場の変化によって価値が変わる
1ドルの価値が360円のときもあれば
100円のときもある
ひょっとしたらいつか価値が
なくなってしまうかもしれない

取引している国の情勢や経済状況で
通貨の価値は変わってくる

もちろんこちらの情勢によっても変化する

通貨の価値ってあるようで実際ないのかもしれない

電車が発達している都内であれば
必要ないかもしれないけど
移動手段で車が必要な地域では車の価値は高い

車そのもの価値もそうだが
ステータスとしても使われることもある
高級車を持っていることでステータスが高いと思われることもある

本来の目的以外のことによっても評価される

まとめ

なんでもどこにいるか
誰が使うか
いつ必要なのかで価値は変わってくる

人のモノを羨むよりも
自分が持っているモノの価値を
自分で決めればよいと思う

自分がいいと思ったらいいんじゃないかな

隣の芝生は青いかもしれないけど
自分の芝生も充分青いと思う

日本語にはとんでもない数のことわさがある
これを読んでちょっぴり笑いながら勉強しました


Picture

去年見たサッカー場の芝生はきれいだったな
中村俊輔選手も見れたし
三浦知良選手と小野伸二選手がプレーしてるとこも
見れたら最高だったけど
天気も良く、コンサドーレ札幌が勝ったしよかった
間違って横浜FCサポーターの席のチケットを買ってしまいましたが…

外国人とコミュニケーションをとりたい!!

英語の通訳になりたい!
英語の勉強をしたい!

英語に興味がある人はこちらを読んでくれたら嬉しいです!!

スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました