相手に合った靴を履かせる

ブログ
スポンサーリンク




人の足のサイズは人それぞれ
どんなに速く走れる人でも
自分に合っていない靴では速く走れない

そんなことは誰にでもわかること

では仕事ではどうだろう?

能力や性格、やり方は人それぞれ
なのに上司は部下に自分の靴を履かせようとする
どんな部下に対しても
その上司、自分のやり方を押し付ける人がいる
いろんな性格や能力がある社員がいるのに
みんなに同じやり方、考え方を押し付けるのは正しいことなんだろうか

ある程度の基本的なことはそれでも良いかもしれない

ただ全てのことを押し付けるのは違うんじゃないかな

本当にできる上司や先輩は
相手に合わせて指導できる

理解が早い人には教え過ぎず
時間がかかる人には細かく教えてみる
調子にのりやすい人に対しては
時には厳しく接してみたり
自分に自信がない人には
励ましながら自信をつけさせる

人はみんな違う
人それぞれ

だったらその人に合った態度で接するべきなんじゃないでしょうか

相手には自分の靴ではなく
相手に合った靴を履いてもらおう

Picture

兄弟ペアルック…これ最高ですね!!

 

ー通訳の仕事に興味がある方へー

外国人とコミュニケーションを取れるようになりたい!!

英語が話せるようになりたい人でオンライン英会話スクールに
興味のある方はこちらも見てみて下さい!



スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました