千葉ロッテマリーンズ歴代外国人紹介③『カルロス・ロサ』

野球
スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズで5年間活躍した
僕が今まで一番一緒にいた選手です

カルロスとは色んな思い出もあるし
感謝しかない

ムニスが退団した2010年のシーズンオフに
スペイン語を母国語とする選手がいなくなってしまいました

クビになると思っていましたが
球団事務所で働かせてもらうことになり
毎日スーツ着て会社に通ってました

2011年シーズンが始まる前に
カルロスの入団が決まり
また通訳に戻ることができて
今も仕事させてもらってます

今回は僕の恩人でもあるカルロス・ロサを紹介します

カルロス・ロサ選手プロフィール

1984年9月21日、ドミニカ共和国
サン・フランシスコ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手
2001年にカンザスシティ・ロイヤルズに入団し、2008年にメジャーデビュー
08年09年はロイヤルズ、10年にトレードでアリゾナ・ダイアモンドバックスに加入し22試合に登板

メジャー通算3年間の成績は31試合2敗1ホールド、1セーブ、防御率3.97

2011年に千葉ロッテマリーンズに加入すると
セットアッパーとして5年間プレー

NPB通算成績は204試合5勝13敗79ホールド1セーブ

プレースタイル

150キロを越えるストレートを武器にスライダー、チェンジアップを投げるパワーピッチャー
MLB、NPB通算235試合すべて中継ぎピッチャーとして登板

人物

こんなにラテンっぽくないラテン選手は今まで会ったことがない
寡黙で礼儀も正しく、人に気遣いもできて
とにかく優しい

本人が一度話してくれたことがある
「野球以外のことで目立ちたくないから私生活では気をつけている」

本当に野球にストイックな選手であった
外国人選手だけではなく日本人選手とも
すごく仲良く色々な選手とご飯を食べに行っていた
08,09年カンザスシティ・ロイヤルズで共にプレーした
薮田安彦さんが当時ロッテでクローザーをつとめていたので
ブルペンでは色々な話をし、日本の野球を教えてもらった

カルロス・ロサ選手とのエピソード

カルロスとは5年も一緒にいたので
たくさんのエピソードがある
今でも記憶に残っているエピソードをいくつか紹介します

ご懐妊おめでとうございます

25歳の時に病院で初めて言われて意味がわからなかった言葉です

試合中、ブルペンでカルロスと一緒にいたときに
球団からカルロスの奥さんが病院に運ばれたと聞かされた

奥さんの希望で試合後でと言われたので
試合後すぐに病院に行った

お医者さんには次の日の朝イチに
大きな病院に移ったほうがよいと言われた

その時、奥さんが言った言葉は今でも忘れられない

「カルロスは明日も試合だから
朝は病院にこないでゆっくり休んで
タハラは車で迎えにきて」

なんて旦那思いの奥さんなんでしょう
翌朝大きな病院で診察を受けると
お医者さんにこう言われました

「ご懐妊おめでとうございます」

人って意味がわからなくても
「おめでとうございます」って言われたら
「ありがとうございます」って答えちゃうもんなんですね
すぐに意味を尋ねて理解しました
人生の予習をさせてもらいました

カープ戦で2敗

来日1年目のマツダスタジアムでの試合
セットアッパーとして8回に失点をして
チームは逆転負け…
確かこれが来日初黒星でした
次の日は地方球場で試合があったのですが
雨で中止
カルロスはロッカーに引きこもって練習にも出てこなかった

その夜、元気を出してもらおうと思い
二人で飲みに行ってきた

すごく楽しかったと言ってくれたのは今でも覚えている
次の日はマツダスタジアムで試合があり
初戦と同じような状況でカルロスが登板

…また打たれてチームも敗戦
広島には縁がなかったと言って
次の日の朝イチの新幹線で甲子園に移動した
マツダスタジアムの応援が今でも頭に残っています…

生い立ちを話してくれた

1時間くらいのバス移動をしていた時に
一度話してくれたことがある

あまり裕福なところで育ったわけではなく
小さい時は家の仕事を手伝っていた
馬を引いたり、力仕事ばかりで
今プロ野球選手になれているのは
その時の努力があったからだと思う
野球で成功して、家族に一軒家をプレゼントしたいって言っていた

日本で成功するためにサポートしたいと
心から思いました

プホールス

当時のプホールスはMLBで一番有名なドミニカ人選手の一人であった
大学までサッカーしかやってこなかった僕に
プホールスはレベルが高すぎる…
ロナウジーニョならわかったんですが…

カルロスが
「プホールスを知らないのか??」
って驚いた顔をしていたのは今でも忘れられない
あれからは通訳たるものメジャーリーグにも
詳しくないとダメだと思い
雑誌を買ってメジャーリーグの勉強をした

カルロス・ロサ選手へメッセージ

カルロスのおかげで今の自分がいると言っても過言ではない
本当によくしてもらいました
彼と過ごした5年間がなかったら
今も通訳として働けてなかったと思う
またどこかで会えるのを楽しみにしてます

Picture

決起集会でのカルロスとクルーズ
通訳してて一番緊張するのが決起集会での通訳
一言しか話さないのになんで緊張するか考えた結果
外国人選手がスピーチするのが一番最後で
待ってる時間が長いからだと思う

外国人とコミュニケーションをとりたい!!

英語の通訳になりたい!
英語の勉強をしたい!

英語に興味がある人はこちらを読んでくれたら嬉しいです!!

スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました