プロ(自称)が教えるコミュ力を高める方法②

ブログ
スポンサーリンク

人と話す時に一番に気をつけなきゃいけないことは相手のことを考えること

自分が伝えたいことを自分勝手に
伝えたってそれはただのエゴであり
相手に伝わるとは限らない

まずは相手にどう話したら伝わるかを考えてみよう

使う言葉を選ぶ

いつ、どこで、誰に話しているかで言葉を使い分ける必要がある

近くにいるのに大声で話す必要もないし
親しき仲でも敬語を使う時もある

TPOをわきまえて言葉を選ぼう

子供に話すときに難しい言葉を使っても伝わらないし
大人に対して子供に話す時のような言葉を使ってはもちろん失礼

外国語を話すときも同じ
同じスペイン語圏の人と話してる時も
国によって使う単語は違う
意識してその人に一番伝わり易いような言葉を使うようにしている

まずはゆっくり話す

人間興奮するとついつい早口になってしまう
言いたくてしょうがないのに
早口になればなるほど言いたいことが伝わらない

たまに自分でも何を言ってるかわからなくなってしまう

緊張したとき、興奮したときこそ
ゆっくりとはっきり話すように心がける

インタビュー通訳するときは緊張するが
慌てずに周りの人を見渡しながらゆっくり話すようにしている

シンプルに伝える

会社、学校でのプレゼンテーションをするときに用意する資料に
ついつい情報を詰め込み過ぎてしまう

パワーポイントで資料を作ったときに
文字が多くなってしまったことはないだろうか

伝えたいことがたくさんあるんで
文字が多くなってしまう気持ちはよくわかる

でも受け取る相手のことを考えてみてほしい

会議やプレゼンテーションでもらう資料が文字でぎっしりだと読む気が失せてしまう…

情報が渋滞して頭に入ってこない…

思いきってもっとシンプルにしてみよう

1ページに一言でも
極論を言うと1文字でもよい

なんならそっちのほうがインパクトがあり
印象に残りやすい

情報がありすぎると逆に伝わりにくいもの

まとめ

伝えたいことが多いときこそ
ゆっくり丁寧にさらにはシンプルに伝えてみよう
その方が相手に伝わるはず
あとは受け取る相手か自分だったらどうだろうかも考えてみよう

僕はごちゃごちゃしてるより
シンプルな方が理解しやすい

これはLINEやメールを送るときも一緒

シンプルなのが一番伝わるんじゃないかな

Picture

このアイスの美味しさを伝えるのに長々と説明はいりません

この美味しそうな顔を見てください!

 

ー通訳の仕事に興味がある方へー

外国人とコミュニケーションを取れるようになりたい!!

英語が話せるようになりたい人でオンライン英会話スクールに
興味のある方はこちらも見てみて下さい!



スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました