理不尽に怒られたときの対処法

ブログ
スポンサーリンク

自分が悪くないのに理不尽に怒られたことはないでしょうか

最近2回ほど知らないおじさんに怒られました

しかもまぁ見事なキレっぷりで

今でも二人の形相は覚えています

大の大人がこんなにも怒るのかってくらいのキレっぷりでした

相当ご立腹だったんでしょう

ちなみにどちらも車がらみです

怒られた実例

一つ目は僕が悪かったので言い訳の余地もないです

そこまで言わなくても言いんじゃないかって思うくらい言われたけど
こっちに非があるのでただただ謝りました

二つ目は駐車場に車を停めようとしたときの話です

前日に雪が降って
翌日もまだ道路に雪が積もっていました
ある駐車場の前の道路をおじさんが雪かきをしていたので
おじさんの横を通り、駐車場に車を停めると…
おじさんがスコップ片手にこっちに歩いてきて
僕にこう言いました

「こっちじゃなくて違うところに停めろ
お前の車のせいで雪が固まってとけないだろ」

公道を通って駐車場に車を停めただけなのに
ルールは多分ひとつも破ってないと思うのに

理不尽に怒られたときの対処法

なんで知らないおじさんに新年早々こんなこと言われてんだろうって…

さすがにイラっときました

どう対応したかは控えますが…
この怒りを抑えようと思い岩盤浴へ
岩盤浴でどう対処すべきだったのかをずっと考えてました

反論しない

まずは最悪な状況を避けなければなりません

考えられる最悪なケースは相手を更に怒らせることです

ただでさえ興奮してる相手を更に刺激してしまうと
手に追えなくなる可能性があります

なんでこっちが気をつかわないといけないのかと思いますが

自分や周りを守らなければなりません

反論して逆撫でしないようにしましょう

とにかく話を聞く

なぜそんなに怒っているのか?
何が一番気に入らないのか?
どうして欲しかったのか?

話をちゃんと聞いてあげればよかったかもしれません

ひょっとしたら雪割りに人生をかけている人かもしれない
ただご機嫌ななめだっただけかもしれない
もしくは僕の車の運転に問題があったかもしれない

相手がどう思ってるのかを聞いてあげましょう

その場を去る

反論せずに話を聞いてもまだ収まらないようだったら
もうお話しになりません

こちらが歩みよってもわからないようでしたら
もうあきらめましょう

それでもダメそうなら110番するしかありません

まとめ

絡まれないのが一番ですが
万が一このような場面に遭遇してしまったら
広い心で接するしかありません
被害者の自分が加害者にならないように
自分をコントロールしましょう

今回勉強になったことはとにかく
一旦気持ちを落ち着かせることの大切さです
怒っている相手こそ冷静に対応しなければダメです

ちなみに怒りに負けずに今回は冷静に対応できました
今でも思い出してイライラするけど
許してあげることにしました


Picture

甲子園での1枚
このような人は絶対に怒らせてはいけません笑
相手が悪すぎます
あと足も速いんで、すぐ追いつかれます
相手が悪すぎます
なつかしの写真です

外国人とコミュニケーションをとりたい!!

英語の通訳になりたい!
英語の勉強をしたい!

英語に興味がある人はこちらを読んでくれたら嬉しいです!!

スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました