語学って子育てに役立つ本当の理由

語学
スポンサーリンク

「なぜ英語の勉強をしなければならないの?」

もし自分の子供にこう聞かれたら、あなたならどう答えますか。

私たちは島国に住んでいて、日本語さえ話せれば問題なく暮らしていけます。
わざわざ英語を勉強する必要はないと思ったことはないでしょうか。

私ならこう答えます。

「人生の選択肢を増やすためだよ」

英語もしくは他の言語を学ぶことで、
私たちの人生の選択肢は間違いなく増えます。

今後グローバル化が今以上に進んでいくでしょう。
子供たちが将来なりたいもの
やりたいことがあるのに英語が話せないという理由で
諦めて欲しくないです。

子供の可能性を広げるためにも英語を話せるようにサポートしてあげたいと思います。

今回は語学と子育ての関係について紹介致します。

子育て

子供が生まれて自分が親になったら
自分の子供にはこんなふうに育って欲しい
大きくなったらこんな大人になってもらいたい
何よりも元気ですくすく育って欲しい
など色々考えると思います。

私も親という立場になって、初めて子供の将来について考えるようになりました。
どのように子育てをすべきか想像出来なかったので
子育て関係の本を読んだり
子供がいる友人に話しを聞きました。

あくまでも私の考えですが
子育てには大きく分けると2パターンあると思います。

1つは自分が親にしてもらったように
自分の子供を育てるパターンです。

例えば、小さい時に留学させてもらえたので子供にも留学させてみる。
サッカーが好きで昔からやっていたので、子供をサッカースクールに通わせる。
家族も自分も医者だから、子供にも医者になってもらいたい。

もう一つは自分たちがやりたかった
なりたかったが出来なかったことを
やらせたいと思い子育てをするパターンです。

例えば、本当はあの職業に就きたかったけど、
家庭の事情でなれたかった自分とは違う
道を歩んでもらいたい。
自分が泳げないことがコンプレックスだから、小さい時から水泳を習わせたい。
歌手になりたかったが、自分の夢は叶わなかったので子供に自分の夢を叶えてもらいたい。

もちろんこの2つのパターンをミックスする子育てもあると思います。
私の家庭はそうでした。
基本的には好きなことをやらせてくれました。
本当に感謝しかありません。
自分が親になって更に感謝できるようになりました。

そのような家庭で育った私は
小さい時から父親にこう教わっていました。

『英語・ゴルフ・格闘技は少しでも早くやりはじめなさい』

理由はどれも将来の自分に役立つもので、
習得するのに時間がかかるからです。
父親の教えを思い出して、
遅くなってしまいましたが就職後、ゴルフと格闘技を始めました。

語学との出会い

小学生の時に英会話スクールに通わせてもらっていました。
途中からレッスンに全くついていけなくなり、
一時期は英語が嫌いになるほどでした。

中学・高校でも英語は決して得意な科目ではありませんでしたが、
英語を話したいという気持ちは昔からあったので外語大学に進学させてもらいました。

言語を学ぶことで得るもの

語学は私に色々なことを教え、与えてくれました。
今の自分があるのは大学や留学先で言語を学んだからです。
私が学んだことをお話し致します。

価値観

一番は語学を通じて今までに持っていない価値観を得ることができたことです。

外国語を使って、様々な国の人と会話ができます。
育ってきた国も言葉も違えば考え方・価値観も違います。
人との出会いが自分を変えてくれました。

私は留学中に色々な人と話すことができました。

今までは一方の面でしか物事を考えていなく、
さらには自分以外の意見にあまり耳を傾けていませんでした。
ただ海外で生活するようになり、同じもの・ことを見ていても
人によって捉え方は違うと気付きました。

私にはこう見えるけど、他人には違うように見えることもあるのです。
なので自分の意見を押し付ける前に、まず相手の意見を聞くようにしています。
人の話を素直に聞く。
これは人生にとって本当に重要なことです。
まず、人の話をきちんと聞いてみましょう。
もし自分の意見や、言いたいことがあるなら聞き終えた後にしましょう。

積極的になる

外語大学に通いだしてから積極的にコミュニケーションをとるようになりました。
クラスメートや友人のほとんどが海外留学経験者で、
自己主張ができ、積極的に行動する人が周りにたくさんいました。
彼らを見習い私も積極的にコミュニケーションをとるようになり、
知り合いや友人も増え、考え方も変わってきました。

大学在学中に積極的にコミュニケーションを取っていたことで
今の自分があるエピソードを一つ紹介致します。

大学卒業後にメキシコに1年間留学をしました。
留学期間が終わる前に、急きょ帰国しなければならなくなりました。
日本に帰る前に仕事を探そうと思い、色々な人に連絡をしていると、
大学時代にお世話になっていた人が今の仕事を紹介してくれました。
実は仕事を紹介してくださったのは直接お世話になっていた方ではなく、
その方の上司でした。

その方々のおかげで現在もプロ野球チームの通訳として働くことが出来ています。

いつ、どこで知り合った人が自分の人生を変えてくれるかわかりません。

一つ一つの出会いを大切にしていきたいです。

まとめ

『英語を話せることによって自分の選択肢が広がる』

この言葉が今回のまとめです。

子供の将来の成功を願わない親はいないと思います。

子供たちに好きなことが出来る選択肢を増やしてあげるのも親の役目です。
最終的に決めるのはもちろん子供本人ですが、選択肢は多い方がいいです。
様々な可能性を残してあげましょう。

今回も最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。



外国人とコミュニケーションをとりたい!!

英語の通訳になりたい!
英語の勉強をしたい!

英語に興味がある人はこちらを読んでくれたら嬉しいです!!

スペイン語の通訳になりたい!
スペイン語の勉強をしたい!

スペイン語にも興味がある方はこちらも読んでくれたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました